木を知るには、まず木に触る事

デザイン関係の仕事から木材業界へ

異色の転職をしてきた豊後木材の須永さん。

昨日の協力業者さんとの会議の前に30分お話して頂きました。

 

本日の議題は『木と流通』

須永さんが資料を準備してくれていました。

良質な木材の話、木のランク、流通、、、

講義が終わって外に出た須永さんをむりくり捕まえて

「木の事を一から学ぼうとしたら、何からすればいいですか?」と質問

「木を知るには、まず木を触る事。」

あっ…

この前会長が新人の三浦君に言ってた

「木をとにかく触れ。そしたら木が語り掛けてくれるから。」

そうか…

須永さんからの言葉で印象に残った事があります。

須永さんにもやはり「師匠」と呼べる人がいたそうです。

「やはり人である。人に恵まれる事。この業界(建築業界)は義理や人情の残る所。それが通用する業界だ」

うんうん。

須永さんの講演を聞いていて色々と自分に響く言葉もあった。

須永さんの言葉もだったけど、一番うれしかったのが須永さんの話を聞いて、成合棟梁が

「改めて木材について勉強しようという意欲がわいてきました」と

嬉しい。私も今日から触れていこうかな。

須永さんの言葉も響いたけど、成ちゃんの言葉も響いた素敵なお話会でした。

豊後木材市場の須永さん、ありがとうございました。

愛でした。

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。