この言葉の意味って・・・?深く考えてみた

愛です。

さて、会長からあるものの作成を頼まれて、会長が文章を書きました。

長々と。

文章の最後に付けられた言葉は

「合掌」

この言葉の意味や使い方をご存知の方もいらっしゃると思いますが、
私は・・・
手を合わせる・・・

分かるけどなんか違和感。

そこで調べてみました便利なインターネット!

素敵な言葉でした。奥の深い言葉でしたのでご紹介

・・・大人のためのbetterlifeより(たまたまヒットしました)・・・

合掌とは、
両手をあわせて仏を拝む時の礼法
掌を合わせることは、左右相対したものがひとつになり、信じることや調和を保つことの象徴でもあります。

合掌の実際
僧侶があいさつをする際には、お辞儀ではなく合掌をします。合掌することは、相手を敬い、感謝の意を表します。
食事の際に合掌するのは、食事を作った人、食材を育てた人、食事となった植物や動物への感謝を表すものでもあります。手紙の文章の最後を、敬具ではなく、九拝や合掌で締めくくるのも、仏教徒の作法です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

何気なく手をあわせていた、「いただきます」・・・深い~!
手と手を合わせる。一つになる。・・・深い~!
相対するものがひとつとなり・・・深い~!

ありがとうございます。

合掌

シェアする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。